• ハイキング、日帰り温泉、家庭菜園など。身近な自然を楽しむ生活をはじめました。

2020年の11月に四季成り性のいちご「よつぼし」の苗を2株ホームセンターで購入しました。

いちご栽培初心者ですが、いちごの実を収穫しながら育て続けて2年目です。

これからいちごを育ててみたいと思っている方の参考になればと思い、栽培記録をまとめてみました。

いちご「よつぼし」プランター栽培記録 2020~2022

いちごよつぼし プランター栽培

いちご「四季成り性品種」と「一季成り性品種」

いちごと、ひとえに言っても大きな性質で分けると2つのグループに分けられます。

1.年に一回しか収穫出来ない一季成り性のグループ

2.名のごとく、年間でつどつど収穫出来る四季成り性のグループ。

これだけ見ると、長い期間の収穫が楽しめる四季成りの方が魅力的ですが大きくて美味しいイチゴが出来るのは一季成りのグループのようです。

これから栽培記録をご紹介する「よつぼし」は、四季成り性品種。

寒い時期以外は、年中花が咲き、季節を問わず収穫することができます。

いちごは、株から垂れて果実ができます。

果実が垂れ下がって地面に付かないようにプランター栽培をすることにしました。

*土が付かなければ病気の発生も少なくなり土が付いて腐るのも防げます。

2020年12月 冬でも花が咲き、ランナーも出てきました

いちごよつぼし
プランター栽培記録

11月中旬にホームセンターで購入しプランターに植えたいちごの苗。

花が咲きはじめました。

ネットで色々と調べてみると、冬に咲いた花は実になりにくいので摘み取るのが基本のようです。

家庭菜園をしている方のブログを見ると、一季成りは摘み取り、四季成りは不織布などで寒さ除けをして実をつけさせるという方も。

なんでもありで、どうするかは個人の自由!

自由になんでも出来るのが家庭菜園の魅力なのかもしれません。

どうしよう。。。

と、迷いましたが寒さはこれからが本番。

虫も少ない季節だし、自然に受粉するのも期待は出来ません。

冬に咲く花は摘み取り、いちごの苗にはゆっくりと休眠してもらうことにしました。

春になったら収穫できることを期待して!

いちごよつぼし
ランナーで増やした苗

ホームセンターで買う時期が遅かったようで、購入時に苗からランナーがたくさん出ていました。

冬は、いちごをランナーで増やす時期でもないので捨てるのが基本なのかもしれませんが、なんだかもったいなく思い2本だけ捨てずにポットの上に置いて固定しておきました。

一か月半たっても枯れず、軽くひっぱっても抜けないので、どうやら根付いたようです。

このランナーで増やしたポット苗、これから育つかは不明ですがなんでもやってみるもんですね。

育ったらラッキー位の気持ちで見守りたいと思います。

*その後、きちんと育っています!

2021年3月 いちご「よつぼし」追肥・アブラムシ対策

いちごよつぼし
プランター栽培記録

いちごは冬の間は休眠するので、ほとんど成長しません。

地面にペタッと葉っぱがくっ付き、枯れたかと思いましたが春になり元気になりました。

植え付け後、まだ一度も肥料をあげていなかったので有機肥料をひとつかみ追加。

3月は、これからの成長に向けて追肥をするのに適した時期のようです。

順調に育っているように見えたのですが、葉っぱの裏に黒いボツボツを発見。

調べてみるとアブラムシのようです。

一番簡単な駆除方法は、手(指)でとる。

もしくはセロハンテープでとる。

2株のみで数も少なかったので手で払いながらとりました。

これ以上増えないと良いのですが。。。

*その後増えてしまい、手では取り切れない時には「やさお酢」を使っています。

2021年4月22日の様子 いちごの実が生りはじめました。

いちごよつぼし栽培記録

花が咲き受粉し、だんだんといちごの実らしくなってきました。

人工授粉が必要かと思い、筆などを買ってみましたが花が咲くと蜂が出現。

ぶ~んぶ~ん。

と、元気にいちごの周りを飛んでいたので受粉作業は蜂にお任せすることにしました。

2021年6月22日の様子 いちご「よつぼし」の実 収穫が続いています!

いちごよつぼし
収穫 プランター栽培

一緒に育てはじめた一季成りいちごの収穫は終了。

しかし、四季成り性いちご「よつぼし」の収穫はまだまだ続いています。

ちょっと葉っぱの調子が悪いですが、いちごの花はまだまだ咲いています。
ランナー(匍匐茎)もたくさん出ています。

いちごの増やし方を調べてみると、一般的には実の収穫が一段落した頃、親株から伸びたランナーをポットに載せ固定し、子株の根が張ったら親株のランナーを数センチ残して切り離すようです。

この方法が王道で失敗も少ないと思うのでおすすめですが。。。

いちごよつぼし
ランナーで増やした苗

親株からランナーを切り離してポットに移植しても元気に育ってます。

昨年も同じようにしてしまいましたが、苗を増やすことに成功しました。

この品種は丈夫なのでしょうか???

2021年9月30日の様子 「よつぼし」ランナーで増やすのは簡単?

いちごよつぼし プランター栽培記録

手前のプランターが昨年購入した苗です。

奥のプランターは、ランナー(匍匐茎)で増やした苗。

この他にも3株育成中です。

増やした苗からも、ランナーがたくさん出てきています。

いちごよつぼし
プランター栽培 ランナー

親株から伸びたランナーをポットに載せ固定し、子株の根が張ったら親株のランナーを数センチ残して切り離せば、どんどん苗が増やせるようです。

いちごを育てはじめて今年で2年目。

実際に増やした苗できちんと収穫できるか分かりませんが「よつぼし」の苗をランナーで増やすのは簡単なのかもしれません。

2022年5月5日の様子 ランナーで増やした苗にいちごの実が生りました。

いちごよつぼし プランター栽培記録

昨年、ランナー(匍匐茎)で増やした苗にも実が生りました。

この他の増やした子株、親株にも実が生りはじめていますが、子株の方が元気が良い感じがします。

収穫が落ち着いた時期に、親株から伸びたランナーをポットに載せ固定。

子株の根が張ったら親株のランナーを数センチ残して切り離せば、どんどん苗が増やせるようです。

まとめ いちご「よつぼし」プランター栽培記録 2020~2022

はじめは難しいかなぁと思っていたプランターでのいちご栽培。

収穫量は、まだそれほど多くありませんが徐々に増えている感じがします。

いちごは見た目も可愛いく食べても美味しいので、気になる方はチャレンジする価値はあると思います。

同時に、一季成りの品種も育ててみましたが枯らしてしまいました。

四季成り性のよつぼしは、ランナーがたくさん出ます。

スペースに余裕のある方は、ランナーで予備の苗をたくさん作っておけば全滅する可能性は低いと思います。

まだいちご栽培2年目の初心者ですが、この記録が、これからいちご栽培を始めてみたいと思っている方の参考になれば幸いです。